お問い合わせ

TEL.0439-54-21210439542121

ワイヤーカット加工

ワイヤーカット加工は、通電できる材質であれば、焼入れ後の硬い材料でも精度の高いカットが可能です。薄物であれば、重ねて加工することにより短時間で加工することもできます。

ストローク:
(X600xY400xZ270)
(X600×Y400×Z260)
(X350×Y250×Z220)

※弊社で対応できないサイズの場合、協力企業とのネットワークにて対応可能な場合があります。

お気軽にお問い合わせください。


ワイヤーカット加工とは

ワイヤー放電加工機による加工で、ワイヤー線に電流を通して金属を高精度に平面もしくはテーパー(傾けて切る)にて精密に切る事が出来る加工です。。硬さに関係なく、通電する材質であればどのようなものでも切断することが可能です。 焼入鋼・超硬・インコネルなどの難削材や超硬部品もワイヤーカット可能です。

ワイヤーカットのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 素材の厚み(高さ制限あり)や硬さに関係なく加工できる
  • 複雑形状の加工ができる:上下のワイヤーを別々に動かすことで直線だけでない形状の加工が可能(円やテーパーなど)
  • 高精度:研削と同じくらいの1000分代の精度が狙える
  • 熱変形がほぼない:非接触加工のため素材への負担がほとんどかからない
  • バリがでない
  • 工具準備の必要なし
  • 加工速度が遅いため量産には不向き
  • 電気を通さない素材はできない加工できない
  • ワイヤーを貫通させるため、底のない形状はできない

ワイヤーカットとレーザー加工の比較

比較項目 ワイヤーカット レーザー加工機
加工できる素材 導電性のある素材 板状のもの(3次元は丸物も可)
加工の精度 高精度 ±0.2mm程度
加工の速さ 遅い 早い
加工可能な板厚 最大300mm程度 最大30mm程度
製品の熱変形 ほぼ無

結論:小・中ロットの精度を求める加工や、厚みのあるもの、熱変異させたくないものなどにはワイヤーカットが適しているが、加工速度は遅いため、量産には不向きです。


ワイヤーカット加工製品サンプル

  • ワイヤー加工
    材質 アルミ
    加工方法 ワイヤー加工
    寸法 100×310×47
  • ワイヤー加工+マシニング
    材質 アルミ
    加工方法 ワイヤー+マシニング加工
    寸法 15t×50×190L
  • ワイヤー加工
    材質 S45C
    加工方法 ワイヤーカット
    寸法 12t×115×220L
  • ワイヤーカット
    材質 S45C
    加工方法 ワイヤーカット
    寸法 15t×Φ85
  • ワイヤー加工+マシニング
    材質 S45C
    加工方法 ワイヤー+マシニング
    寸法 軸Φ38/長穴22.5×28
    58×32×45L
  • ワイヤー加工+旋盤
    材質 S45C
    加工方法 旋盤+ワイヤー
    寸法 軸Φ13/Φ35×75L
  • ワイヤー加工+旋盤
    材質 S45C+焼き入れ
    加工方法 旋盤+ワイヤー
    寸法 30×18×158L
  • ワイヤー加工+マシニング+旋盤
    材質 S45C
    加工方法 マシニング+旋盤+ワイヤー
    寸法 軸Φ22/32×26×96L
  • ワイヤー加工+マシニング+旋盤
    材質 SUS304
    加工方法 旋盤+マシニング+ワイヤー
    (溶接仕上げ)
    寸法 Φ95×155L